地震災害への心構え

明日のことを考えるとは

地震防災に対する計画を立てるとは、「明日のことを考える」こと。「無事を伝え」「命・安全を確保し」「安安全動で」「緊急持ち出し袋」の計画を発生の時系列で考える必要があります。

無事を伝える

災害はいつ起こるか、またどこで災害に遭遇するか分かりません。家族が揃っている時に災害が発生するとは限りません。
 家族でどの連絡方法を利用するか、使い方をしっかり覚えておく。
災害用伝言ダイヤル ⇒ NTTが提供!!
録音:【171 + 1 + 自宅番号】
再生:【171 + 2 + 自宅番号】
「災害用伝言板サービス」の活用を!!
「災害用音声お届けサービス」の活用を!!
各通信会社による災害時のサービスです。
 家族が離れ離れになった時⇒集合場所(緊急避難場所)の共有がポイント!
 重要なことは家族に会える場所を決めておくこと。

安全な部屋を確保

家族の命を守るための室内点検を。
「生き残ってから」を考えるのではなく、
「生き残るため・死なないため」の対策を
 1.何があっても安全な部屋を確保⇒災害時に逃げ出せる部屋の確保。
 2.家具は寝室に置かない⇒置いても腰の高さまで。
 ⇒阪神淡路大震災⇒寝室の家具の下敷きによる、圧死のケースが多数。
 3.居間等には丈夫なテーブルを⇒落下・転倒物から身を守れ!
 4.タンス、本棚、食器棚、テレビなど⇒転倒防止策を!
 5.蛍光灯の落下、食器類の飛び出し、窓ガラス⇒飛散防止策を!
窓ガラスや食器の破片散乱で、行く手が阻まれる。

緊急持ち出し袋

安全な部屋に緊急持ち出し用品の備蓄を。
 1.水、食料の一部も備蓄を⇒風呂の水は貯めておく習慣を。
 2.貴重品⇒被災後も現金で物品購入を。
 3.身分証明は貴重品⇒免許証・保険証・銀行通帳等

教訓からの備蓄を

水がないと人は生きられない。
・秋/冬の必要量の目安:(1日1.5L/人、理想は2L/人)
・夏(1日3L/人、作業等を行うと5L/人)
 1.お風呂の水は就寝時に捨てないこと。
 ・貯めておくことが備蓄の基本だ。
 ・生活用水・トイレの排水・防火用水としても使える。
 2.食料は最低3日、本来は1週間から10日ほど欲しい。期限管理は忘れずに。
 3.携帯用ガスコンロ⇒ガスボンベは予備の備蓄を。
 4.水洗トイレが使えない⇒固めるタイプの簡易トイレが重宝だ。
 5.夏は感染症の心配⇒消毒用の医薬品、ウエットティッシュ、マスクは必需品。
 6.防寒具や下着の確保、ドライシャンプー等、体を保護するものを備蓄しておこう。
 7.マッチ、ライター、ロウソクは火種として是非確保しておく。
 8.脱出・消火時に手足を守るグッズ⇒
 ヘルメット・懐中電灯・スリッパ・軍手・消火器など⇒夜間(漆黒の世界)でもパッと使えるように。

教訓からの安全行動を

冷静さを保ち、身の安全の確保
 1.素早い行動と避難場所の選び方
 2.脱出口の確保
 3.初期消火
 4.避難時はブレーカーを落とす⇒通電火災防止


btn_top.jpg